ホーム
企業情報
製品・サービス
技術情報
採用情報
データ入稿について
ホーム > 技術情報 > 偽造防止印刷

偽造防止印刷

当社の開発した「コピ出字紙」はカラーコピー機対応の「不正コピー抑止」の為のコピー用紙です。
個人情報保護法施行をきっかけに、個人に関する情報は重要視されるようになりました。
しかしながら、まだまだこれらに関する不正コピーは続いており、
各企業様の内部情報(技術、マニュアル、個人)等の不正コピーの抑止にも役立っています。

「コピ出字紙」にはA4判、A全判、B2判の3つのサイズがあります。
A4判はコピー用紙として、A全判・B2判は通常の印刷用紙として使用できますので、
コピーガードが必要な書類・印刷物の作成に是非ご利用ください。

透かし印刷

公文書や有価証券などの、偽造防止・複写防止に一役買っているものが”透かし”です。
紙幣や役所が発行する住民票や印鑑登録証などの証書にも数多く使用されています。
紙幣などの場合は、原紙を作る段階で漉き込む方法ですが、ミツモリでは透かしインキを使用した技術で、透かし入れのニーズにお応えします。
『コピ出字紙』に透かし印刷を施すことでより一層の偽造コピー抑止に繋がります。

RGB発光印刷

通常のカラー印刷物は、「CMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)」の、色の3原色+黒で再現されています。
そこに光の3原色「RGB(レッド・グリーン・ブルー)」の紫外線発光インキを印刷することにより、
目視では見えないものがブラックライト(紫外線光ライト)の照射で発光します。
従来の単色だけでないRGBでの表現が可能な為、写真などの再現も美しく、偽造防止・複写防止以外にもイベント分野などで使用できる付加価値の高い印刷です。

これら偽造防止技術を組み合わせ、
商品券・クーポン券などの金券類にも数多く採用されています。